BB ALERT
BB アラート® はトコジラミ駆除のための環境にやさしい商品です
BB ALERT Bed Bug Monitoring Products The Risks Of Bed Bugs Bed Bug Problems Solutions To Bed Bug Problems Contact BB ALERT

よくある質問

問題 
問題の深刻化 

商品ラインナップ

トコジラミが見つかりました。マットレスや家具を捨てるべきでしょうか?

それでは問題の解決にはなりません。トコジラミは一般にいろいろな別の場所に潜んでいるからです。トコジラミを一匹残らず駆除することしか、解決策はありません。「 BB アラート® O2PM」などの処理は、きわめて効果が高く、殺虫剤を使用しておりませんので、ご自宅のデリケートな家具やマットレスに安全かつ簡単にお使いいただけます。こちらのほうが断然費用効率の高いオプションといえるでしょう。

刺された跡からトコジラミだとわかりますか?

いいえ。トコジラミに刺されても、それに対する反応は人によって、また刺され方によって千差万別です。刺された跡が全く現れない人もいます。トコジラミが居るかどうかを調べる唯一の方法はトコジラミを一匹でも発見することですが、 「BB アラート® アクティブ」「BB アラート® パッシブ」のトコジラミ検出装置なら、最も簡単に、最もコスト効率良く、それが行えます。 

専門業者に処理してもらった後はトコジラミが見つかっていませんが、それでもまだ心配です。一匹もいなくなったとの確証はどうやったら得られますか?

一匹残らず駆除できたかどうかを確認する一番良い方法は、トコジラミモニターを使うことです。「BB アラート® アクティブ」と「BB アラート® パッシブ」モニターならとても簡単に使え、本当に駆除できたのだという確証が得られます。

どうやってトコジラミを持ち込んでしまったのでしょう?

残念ながら、トコジラミが住み着いても、それが大きな問題に発展するまではなかなか見つかりません。しかし、トコジラミの問題は様々要因によってどんどん広がっています。

衣類に付けてトコジラミを家に持ち帰る可能性はありますか?

その可能性はないとは言い切れませんが、稀でしょう。トコジラミは通常動いている体の周りにでは活動せず、あなたが着用中の服は確実で安全な潜伏場所とは言えません。トコジラミのいる場所に置かれていたリュックやブリーフケースなどの隙間に潜り込む可能性のほうがずっと高いと思われます。

 BB アラート® の商品には殺虫剤は使われていますか?家の内外で使っても安全ですか?

「BB アラート® 」のいずれの商品にも殺虫剤は使用されていません。環境にやさしくどなたにも安心してお使いいただけます。「BB アラート® アクティブ」モニターへのトコジラミ誘引には、食品業界で一般に用いられている素材が使用されています。


トコジラミの問題は近年かなり悪化しています。トコジラミの問題がこれほどまでに深刻化しているのは、世界的な人の移動が増えたこと、殺虫剤の使用が禁止されたこと、ライフスタイルが変化していることなど、様々な要因が組み合わさった結果です。

レジャーにしろビジネスにしろ、世界的な人の移動が当たり前のこととなっています。そしてトコジラミの自然の生態が、移動を簡単なものとしています。夜間に食糧を摂取した後、安全な割れ目や隙間に潜り込んで食べ物を消化しますが、この休息場所がもしあなたの荷物や身の回り品だった場合は、この虫はそれと一緒に運ばれてしまうことになります。オフィスに行って戻ってくるだけの場合などもあり、長距離移動ばかりでとは限りませんが、通常の活動範囲から外に出る度に、トコジラミには新たな繁殖のチャンスが生まれることになります。

家庭では、セントラルヒーティングや空調管理などの利用が増えていることも、トコジラミの数の増加に寄与しています。家を一定の快適な温度に保つことで、トコジラミの繁殖率が最高となる最適環境を逆に提供してしまっているのです。

これ以外にも、たとえばDDTなどの有機塩素系殺虫剤が禁止されたことなど、より広い環境要因もトコジラミの劇的な増加を助けています。

国内外でトコジラミの発生が数多く報告される中、トコジラミの発生からご自宅を守るための対策を打つべき時が来ています。手遅れにならないうちに・・「BB ALERT® 」からプロアクティブなモニター製品を購入しましょう。

問題
迷信

トコジラミの迷信に迫る

トコジラミは病気を感染させる >> ウソ

トコジラミが病気の感染や拡大に関係しているという証拠は今までに一度もあがっていません。しかし、トコジラミとその体の一部にアレルギー反応らしき症状を示す人もいます。トコジラミが湧いたということによる物理的な、また精神的なストレスがあまりにも大きな打撃を与えるため、それが病気と表現されてきたのです。

不潔にしているとトコジラミが湧く>> ウソ

トコジラミの繁殖は衛生状態の悪さとは関連付けるべきではなく、また社会階層、人種、民族などとも関連付けるべきではありません。トコジラミは単に日和見的な生き物です。どこに住もうとか、誰から血を吸おうとか、あまり選り好みをしないのです。

トコジラミは最高級ホテルから低所得層の住居まで、またその中間のあらゆるところで見つかります。ですから私たち全員がトコジラミの繁殖に気を付けていなくてはならないのです。

DDTを復活させたら、トコジラミの問題に対処できる >> ウソ

DDTなどの有機塩素系化合物の使用が禁止されているのには、それなりの理由があります。今日どのような活動をしているかを考えれば、このような製品を再度利用することは賢いこととは言えず、倫理上の問題もあります。また、このような薬品で昔管理していた他の害虫の例では、殺虫剤の効果が今ではかなり薄れているとのデータが上がっています。トコジラミは今や多くの殺虫剤に対する耐性を示しているのです。

ASk the expert about BBAlert now!
All about BBALert.!
トコジラミ
ライフサイクル
個体数
の増加 


 View Cookie Bar